商品検索
カテゴリから探す
ご予算・価格で探す
ご予算・価格で探す
営業日カレンダー
2019年 10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
2019年 11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
は定休日です。
定休日のみお問い合わせのメール返信・電話の対応をお休みさせて頂いております。ご注文は年中無休でお受けしております。
 
志ほやの“みそ漬

志ほやの“みそ漬”

秘伝の味噌

志ほやのみそ漬の味噌は、岡山の地元味噌蔵に特注した白みそを使用しております。上品でまろやかな味となるように特別に釀造してもらった魚介と相性のよい白みそが、長年愛されてきたみそ漬の「志ほやの味」です。

味噌に漬ける素材によって調味を変え、工夫を積み重ねながら作り続ける伝統の味です。

種類豊富な鮮魚のみそ漬

種類豊富な鮮魚のみそ漬

昭和42年水産庁長官賞を受賞した志ほやの看板商品「さわらのみそ漬」の他、身の引き締まった「天然桜鯛」、脂ののった「キングサーモン」、高級魚「銀だら」、丸ごと1個使用した「ほたて貝柱」、えびの甘味が堪能出来る「車海老」冬にしか味わえない「寒ぶり」など、白みそと相性の良い魚介を選び、年間を通じて種類豊富な魚介をみそ漬にしています。魚は鮮度を失わないように素早く捌き、それぞれの良さを引き出して、秘伝の味噌に漬けています。

職人が支える最高の味

職人が支える最高の味

切り身の状態を確かめながら作業をするため、あえて機械に頼らず、全ての工程を昔ながらの伝統の製法で作ります。手作業とは言ってもそこは熟練の職人。流れるような作業でみそ漬を作っていきます。

ガーゼにみそを薄く均一に伸ばし、全ての切り身に均一に味噌が漬かるように並べるには、職人の勘が必要となります。

志ほやのみそ漬の味はこの職人が支えているともいえるでしょう。

これからも続いていく伝統と創造

これからも続いていく伝統と創造

水洗いなしの手間いらず
多くの食通から長年支持を受けている志ほやのみそ漬。お客様がご面倒にならないようにと、それぞれの切り身の上下にガーゼを敷いて、直接切り身に味噌がつかないような工夫をしております。
簡単に中身だけを取り出すことができ、味噌をふきとる手間がいりません。洗ったりふいたりせずそのまま焼いてお召し上がりいただけます。
コンパクトな箱の詰め合わせ[化粧箱タイプ]
コンパクトな箱の詰め合わせ[化粧箱タイプ]
種類豊富な鮮魚のみそ漬を少しずつ詰め合わせにしたいとのお客様のご希望から生まれたのが「化粧箱タイプ」のみそ漬です。コンパクトな化粧箱なので、冷蔵庫で場所をとらず、保存に便利な商品です。こちらも従来の樽タイプ同様、切り身の上下にガーゼを敷いておりますので、味噌を拭き取る手間はいりません。
よりお手軽に老舗の味を[個装冷凍タイプ]
よりお手軽に老舗の味を[個装冷凍タイプ]
昨今の食生活の変化に合わせて開発いたしました冷凍真空パックの「おさかなのみそ漬 焼」は、焼きたての白みその香ばしい香りと上品な味わいをご家庭の電子レンジであたためるだけでお手軽にお召し上がりいただけます。 冷凍庫で60日間の賞味期限があり、個包装になっておりますので、お好きなタイミングでお好きな数をお召し上がりいただけることも、お忙しい方への贈り物としては最適ではないでしょうか。
志ほやはこれからも伝統の味を守りながら新しい味の追求に取り組み続けてまいります。

おいしいみそ漬の焼き方[樽・化粧箱]

  • おいしいみそ漬の焼き方[樽・化粧箱]
  • おいしいみそ漬の焼き方[樽・化粧箱]
1
味噌から切り身だけを取り出して、そのままアルミホイルの上にのせます。
2
上にもアルミホイルを被せてオーブントースターに入れて焼きます。
※途中で様子を見ながら焼き時間を調整してください。
3
中まで火が通ったら上のアルミホイルを取り除いて、表面に少し焦げ目をつけると風味が増して美味しくなります。
※オーブンレンジ(おすすめ)、グリルなどでも調理できますが、直火で焼くと焦げやすいので、アルミホイルを被せて弱火でじっくり焼くのがポイントです。

おいしいお召し上がり方[個装冷凍タイプ]

  • おいしいお召し上がり方[個装冷凍タイプ]
1
凍ったままの商品のフィルムを切り口から少し開けます。
2
商品を電子レンジの中央に置いて温めてください。
ターンテーブル式の場合は端に置いてください)。

普通の電子レンジの場合
1袋:500W約1分20秒/600W約1分10秒

ターンテーブル式の場合
1袋:500W約1分40秒/600W約1分30秒

※調理時間は電子レンジの機種により異なります。
※魚の部位、脂ののり方等により、調理時間に多少違いがあります。
※調理後は熱くなっているのでご注意ください。
※温め過ぎると固くなり品質を損なうことがあります。

※袋を開ける際、中身の飛び散りにご注意ください。
※湯煎には対応していません。必ず電子レンジをご使用ください。